自宅のインターホン取り付けで防犯効果❘訪問者の顔をチェック

新築時の状態を保てる

室内

日本のほとんどの住宅の床は、フローリングが採用されています。畳に比べると傷みにくく、丈夫であることが特徴です。しかし、長年使用していくとどうしても傷みが気になってくるようになります。新品のときの光沢も、時間が経つにつれてなくなってくることがほとんどです。ワックスがけで光沢を取り戻すことは可能ですが、効果が薄れるのが早いのでこまめにかけ直すことが必要となるのです。できるだけ新しいフローリングの状態のままキープしたいという方は、早い段階でフロアコーティングをしてしまうことをおすすめします。フロアコーティングとは、フローリングを保護すると同時に長期間光沢をキープしてくれるというもので、ワックスよりも高い効果を発揮してくれるものなのです。特に新築の家を購入したという方は、家具などでフローリングに傷がついてしまう前にフロアコーティングをするのがおすすめです。新築時の状態を長い間キープできるだけでなく、ワックスがけの必要がなくなるという点もメリットと言えるでしょう。フロアコーティングにはいくつか種類があり、それぞれに特徴やメリットがあります。例えば、ガラスによるフロアコーティングはフローリングの収縮や膨張に強いという特徴があります。光沢のないコーティングを選ぶことも可能なので、フローリングの材質に合わせることができるというのがよい点です。自宅のフローリングの材質に最適なコーティングを選ぶことで、さらに美しく仕上げることも可能でしょう。また、業者によってできるコーティングや価格が変わりますので、フロアコーティングを依頼する業者はよく比較してから選ぶのがおすすめです。インターネットで検索すれば、各業者の比較サイトを見つけることができるので、そのようなサイトを参考にするのもよいでしょう。